遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博物館巡り

 上野で哉ヰ画伯と待ち合わせました。まずかみさんの作った弁当で腹ごしらえ、可能な限り博物館・美術館を梯子しようとする計画なのでまず食べとかないと(笑)

 最初に国立博物館・平成館の「阿修羅展」

200903ashura01.jpg

 今回、阿修羅像の他に薬王・薬上菩薩立像、四天王立像が展示され、特に八部衆像(8体)、十大弟子像(現存6体)の全14体が揃って興福寺外で公開されるのは、史上初めてのこととか。

 阿修羅の眼が潤んで見えるのは実物を見て初めて知りました。やはり写真では分からないですね。色も全く違います。

 ただ、めちゃめちゃ人が多い、入場まで五十分待ちでした。しかーし、僕と付き添いは無料で並ばずに入場。通路も特別なので、初めての哉ヰさんはびっくり(爆)ね、僕と一緒だといいでしょう(笑)

 時間は飛ぶように過ぎ、ミュージアム・ショップなどを見ていたら次に行かないと間に合わなくなりました。こうなるとルーゥ゛ル展はスルーやむなし。本館や東洋館、宝物殿など哉ヰさんに見せてあげたい所を沢山残しながら次へ。常設展にはまた案内するつもりです。

 移動したのが江戸東京博物館。「手塚治虫展」実は日にちを勘違いして僕はまだ始まっていなかったのに先週フライングで来たのでした、相変わらずでねえ(爆)

 eyecatch.jpg

 哉ヰさんを一人にして、じっくり楽しんでもらった後、常設展と「東海道五十三次展」へ。

 今日の裏テーマとして、哉ヰさんの恥ずかしい写真を撮るというのがありました。いや、僕が勝手に考えていたのね。まあ、いい男に対するやっかみと思えば分かりやすいですか(爆)

 いろいろ撮ったのですが、ここは昨日のウンコ、いやウコンとのつながりで一枚。

 肥桶を担ぐ画伯(爆)
 
 こえおけ

 む、むごい……(爆)
スポンサーサイト

コメント

 そうそう、デートがお流れになったままでしたね。何とかせねばなりませんなあ。
 ただ、恥ずかしい事をさせられるのは覚悟して下さいね(爆)さすがに肥桶を担げとは言いませんが(爆)
 博物館・美術館というのはネタの宝庫でしょ!また行きましょう。刀を初めとした和物をいろいろ見て作品に生かしてくだされ。夏のクソ暑い中、黒い哉ヰさんファッションがどうなるのか興味津々だし(爆)
 苛めすぎ?(爆)
 写真で分からない部分というのはこちらの感性に響く部分でしょうね、だから、より感動を受けるのだと思います。いかん、真面目なことを言ってしまった(笑)
 画伯を苛めまくりましたよ(爆)
私は最初の「手作り弁当で腹ごしらえ」で、ズドンと感動してしまいました。(笑)
江戸博物館は手塚治虫展をやっているんですね。ここは一度らんせさんとのデートが没になり、一人で行ったら休館で、それ以来トライしていません。死ぬまでに一度行かないとなぁ……。(^_^;)
今日はお疲れ様でした&本当にお世話になりましたっ!!
相変わらず奥様の手料理はほんと美味しくっ☆ (T人T)

資料と趣味の狭間で濃密な愉悦を味わい、乱星先生から
様々なお話を伺う内に、頭の中にどんどんとイメージが
広がり、今後の創作の為の礎がたくさん生まれました◎

しかしこの肥え桶・・持ち手が難しいから様になってない
のは仕方ないとして、微妙に内股気味なのがひ弱感(笑)
でもこれでウンがついたのか、家に帰ったら二つの仕事
にかなり良い進展がっ!・・ つけるもんだな、ウン─(笑)

次は是非×2刀剣展示場をご一緒したいであります!!
私狛犬マニアですが仏像も好きで
写真集とかもってるんですが
やはり実物見ないとダメですね。

そして画伯・・・ぶわははは
なんておちゃめな哉ヰさん!
こちらも実物で見たいですね(爆)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。