遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと完結(笑)

 この本のことです(笑)

 51JfpNruLLSS500.jpg

 「嬉遊笑覧 五」

 江戸時代の百科辞典みたいなものです。他にも「守貞漫稿」(岩波文庫では「近世風俗志・全五巻」)というのがあり、分かり安いのはそちらの方ですが、嬉遊笑覧も読み物としてなかなか面白いものです。

 四が出てから4年ほど経っているのですが、もう出ないだろうと諦めかけていました。途中で終わるものも少なくありませんからね(笑)しびれを切らして危うく単行本を買うところでした(爆)

 単行本の方が紙質がいいので、本の劣化は少ないのですが、後20年も読めればいいので、最近は出来るだけ文庫本を買っています。手軽で読みやすいですからね。

 五は索引が付いています。これがないと全五巻使いにくくて仕方がない(爆)

 とりあえず、のんびり読んでいきましょう。
スポンサーサイト

コメント

 自分の中に考証家を育てすぎると筆が進まなくなるというのは、僕が実感していることなので、必携と勧めるのには躊躇があります。ただ、読むと面白いし、ネタのヒントになったりすると思います。話が行き詰まったときの遊びとして備えておくというのが、ベストな考え方かと……。
興味ありますねえ。

必携でしょうか?
 このコメントは、アシシさんといなばさん向けに書いたのです(笑)
あんまり読んでませんが四巻まで買ってました。
索引つきとはありがたいです!
で、早速注文しました♪
らんせさんが書いてくださらなかったら、知らないままでしたよ(^ω^;)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。