遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットサーフィン

 子供の頃母に、
「あんたはずーっと家にいるから、勉強ばかりしているだろうと思われてるのよ。ヒャーマン(ひゃーのような漫画・母の造語でつまらない漫画のこと)ばかり読んでいないで、少しは勉強しなさい」
 と、言われておりました(笑)今もね、ずっと仕事をしているんだろうと思っていたら大間違いです。鬱に陥ると、机のものを「左から右に動かさなきゃ」なんて事を一日中思いながらジトーッとしています。反対に躁に入ると、好奇心に支配されてあれもこれもと手を出してしまい、全く落ち着きを無くしてしまうわけで。

 とにかくあれもこれも気になるので、ネットサーフィンしまくる事になるわけです。母が傍にいれば「ヒャーネットばかりして」と叱られるところですね(笑)

 気になったことのひとつが喜読(きとく・と読みます)先生のこと。

 調べている内に出身中学校のWikitが見つかりました。 熊本市立城南中学校
 そこに著名な出身者・上田晋也 - お笑いタレント(くりぃむしちゅー)という項目が。これは意外。でもさ、ダーティ松本とえとう乱星はなぜないのだ(爆)

 かなり話を引っ張っていますが、これは古書店に注文した喜読先生の著作本の到着を待っているからなんです(笑)そこへ話が行く前に、もう一つ前振りが用意してあります。

 もうしばらく付き合ってね(笑)
スポンサーサイト

コメント

>いやあ、喜読なんて名前は僕もこの先生以外には知りません。熊本弁で「ひゃーんごたる」とは「馬鹿みたい」とか「つまらない」という意味です。「ひゃーまん」は母が作った言葉なので、熊本でも通じませんよ。稲葉さんに言っても「なのこっちゃ?」ですね(笑)
喜読という名字も珍しいですよね。(九州ではそうでもないのですか?)
まるで作家を育てるために存在するような名字ではありませんか。(笑)
「シャーマン」は知ってましたが「ひゃーまん」は初めてです。方言でしょうか? 響きが面白いですねぇ!(笑)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。