遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まことちゃんハウス

b6e6abcad7276ffcce1326236cbb7fed[1]

 「閑静な住宅街の景観を破壊する」「気色悪い」「乱痴気な建物」と訴訟を起こした「少し離れたところに住む」2名の近隣住民と楳図かずおさんの裁判が始まりました。

「週刊女性」によると
「完成した暁には、ご近所さんを招待して食事でもしようかと思っていたのですが、今となっては、それも……」
「4月には完成するでしょうが……、もう引っ越したくないです」
「住む前からイロイロいわれちゃったので、なんだか縁起も悪いですし、あの場所はなんだか怖くて、近づきたくもないんですよ……」
 と、楳図さんはおっしゃっていたそうです。
「(建築費は)3億円じゃ足りないけど、5億まではいってません。その間ぐらいということで、お察し下さい(笑)」
 だそうですが、そんなにお金を掛けてケチをつけられたんじゃあお気の毒としか言いようがありません。楳図さんの払う住民税はただ事ではないはずで、そこんところは2名の近隣住民も恩恵を被っているはずなのになあ。

 吉祥寺は漫画家も多く住んでいるのだから、ここはまことちゃんハウスの近所を買い占めて、みんなで引っ越せばいいのではないかと思います(笑)そして思い思いに個性的な家を建てましょう。

 それで思い出したのが僕が世田谷の上北沢・八幡山に住んでいた頃。上北沢の住宅街にトリックアートで有名なグラフィックデザイナーの福田繁雄さんの家がありました。入口通路が歪んでいるわ、ダミーの扉はあるは、外壁に目玉焼きが張り付いているわ、庭にお巡りさん人形が無造作に置いてあるわという、相当に変な家でした。みんなそれを面白がっていたけど、訴訟を起こすような近隣住民はいませんでしたね。

 近隣住民の文化度の差ですかね(笑)
スポンサーサイト

コメント

>都会は隣との距離感が問題なんでしょうね。まことちゃんハウスも大平原にポツンと建っていたら、文句の付けようはないはずで(笑)ただ、2名の近隣住民が我慢料みたいなものを要求しているのが、ねえ。
個人的にはですね、あまり良い趣味じゃないなと思っているんです。だけど、アミューズメントパークかオブジェが建っていると思えばいいじゃない、とも思ったり。
ま、どっちにしても私が住んでいる田舎にこのような建物が建つとは思えないので、他人事なんですが。(^_^;) 都会ならでは、の騒動のような気がします。・・・・・・
>僕の本名が「誠」なので、僕もずーっと「まことちゃん」と呼ばれておりました。なので、他人事とは思えません(爆)
 僕の家は少しからくりがあります(笑)
確かに可愛い系なのに、なんか個人的にまことちゃんに
恨みでもあるのでしょうかねぇ・・・(涙
私がお金持ちなら忍者屋敷みたいなカラクリハウスに
住みたいな~♪
>裁判を起こすほどのことではないと思うのですが、楳図さんはもうまことちゃんハウスには住まないんでしょうか。双方にとって残念ですね。
グロテスクなわけではないし、観ていて楽しくなる建物だと思うのですが、武蔵野の人たちは保守的なんですね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。