遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋猫

DSCN215.jpg
DSCN2119.jpg

『恋猫』『猫の恋』というのは春の季語です。つまり、猫のさかりというのは春のはずですよね。

 でも、こまちゃんはまたまた恋猫になっています。前にさかりが来てると書いたのは一月ほど前のことではなかったでしょうか?いやあ、実に頻繁に恋しちゃう娘ですなあ。

 本人もどうしてこんなに切ない気分になるのか分かっていないはずで……。こんな感じで転げ回っています。ただ、僕の所へは寄ってきます。眠っていても耳元でゴロゴロ言われるので、夢うつつで撫でているんで些か睡眠不足ですが、かなり嬉ちい(爆)

 ただ、こまちゃん見るからに情けない顔でしょ(爆)
スポンサーサイト

コメント

>それほど大きくはありませんが、切ない声は出していますよ(笑)雄・雌関係なく鳴くんじゃないでしょうか?雄の方が野太いとは思いますが(爆)
>こまちゃんは相手もいないのに幻の恋をしているわけですよね。人間はそうもいかないので、素敵な男性のいる場所に行かないと恋は難しいのでしょうね♪
こまちゃん、独楽のようにくるくると恋の舞を踊っていますね♪
あの妙な物凄い声はまだ出してないですよね(^ω^;)
あれって、雄と雌、両方が出すのですか?
恋多き猫なんですね。(笑)
いいなぁ! 私も恋をしたい。こまちゃんに負けないくらいに恋好きだと思っていましたけど、今や微動だにしない石のように、心が動かなくなってしまっています。…悲しい、(;_;) これが老化でしょうか。恋をしないと余計に老けそう……。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。