遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再放送

 最近お昼の再放送時間帯で「海猿」をやり、なおかつ映画版も二週にわたって放送。あれえと思ったら案の定「海猿・映画版 3」をやるようですね。もうかるコンテンツは離しませんね。

 「相棒」の再放送は、秋からSeason7をやるからのようで、これはかみさんが大好きだから許しましょう(笑)現在再放送中なのはSeason4。この中で僕が一番好きなのは先週放送された石橋蓮司さんをゲストに迎えた「殺人講義」の回。犯人である心理学者、石橋蓮司さんと右京さんの丁々発止のやりあいが最高です。

 ただし、この回の右京さんはらしからぬミスを最後にやらかします。最後の最後に「足元をすくわれる」と、言っちゃうんですね。「足をすくわれる」が正解。足元は立っている足の辺りのことなので、この言葉遣いは誤用です。いわば地面をすくわれてもねえ(笑)

 ただ、言葉は時代に則して変化していくので、あまりやかましく言っても仕方が無いんですけどね。
例えば本当は「一所懸命」というのですが、今は「一生懸命」が市民権を得ていますしね。「後で後悔」も普通に言われますものね。「馬から落ちて落馬して」という言葉重ねの冗談も通じなくなったりして(苦笑)
スポンサーサイト

コメント

>百歳まで生きるとすれば、50歳が人生の折り返しでしょ(笑)僕はもう捨てに掛かっていますが、これがなかなか捨てられないんですよ(爆)凡夫は度し難いでね(爆)
え゙ぇ~~~!!! 50歳までですかぁぁぁ!
それまでは、ウザくても一生懸命に何でも抱え込めと・・・・・・?
だ、ダメっす・・・・・・。息絶え絶えっす・・・・・・。(笑)
でも、すべてを脱ぎ捨ててあの世に帰っていく、というのは同感です。
心残りや未練なんてものは、クソみたいなものですね。(あ! 失礼。・・・ビールを飲んじゃっているので失言は許してたもれ)(^_^;)
>人生も50年を数えたら、捨てる作業に入るのがいいと思います。死ぬときは全てを脱ぎ捨てて行くのがいいですよね。でもそれまでは、出来るだけたくさん抱え込んで、無駄を一杯経験して下さい。何が大事なことか、そうすれば分かってくるのではないでしょうか(^-^)
一生をかけてガンバルものだと思っていました。(^_^;)

そういう女って、・・・・・・
若い時は「ガンバリ屋!」と可愛がられるのですが、年をとってくるとウザイだけですねぇ。(-_-;) ゆっくり優雅に生きていたいから、これからは「一所懸命」にします。(笑)
>ひとところ・一所をがんばるより、一生かけてがんばる方が凄そうですものね(笑)
右京さんも、私と似ている・・・・・・。(笑)
こういう間違いはよくやらかします。頭痛が痛い、という表現を笑っていながら。
一生懸命が正しいと思っていた私です。・・・・・・・(^_^;)

私も『相棒』は好きなので、楽しみです!
>現代物は現代物で色々おかしな表現がありますよね。
 現代物の難しさは流行語の使い方でしょうか。ダサイなんてもう言わないようですから(笑)あっという間に文章自体が過去のものになってしまいますね(苦笑)
時代小説では有り得ないのでしょうが、ドラマとか本で、「食後のデザート」って聞いたり読んだりすると、すごく違和感があります。
>テレビに突っ込みを入れるのは、正しい楽しみ方ですからね(笑)
あっしんちのおかみさんも…テレビのCMなどを見て、揚げ足を取ってます(笑)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。