遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざせ朗読に耐える小説

以前、徳川夢声朗読の「宮本武蔵」の事を書きました。新潮社の録音テープは何本か持っています「舞姫」とか「高瀬舟」とか。でも、ウォークマンが壊れて以来テープを聞くのは困難になっているんですね。途中MDウォークマンなども数台買ったけど、もうこれも使えない。
 
 話が横に逸れました。CD録音の作品で図書館から借りられるものがないか探した結果、ありました。
横浜録音図書
 ここから鬼平犯科帳が50話出ていて、図書館から借りられるではありませんか。タイトルが「音に聞こへし、 鬼 の 平 蔵」というのがいいでしょう(笑)

 現在までに34話借りました、残りも予約して全巻きかなくっちゃ。

 あっ!いかん、いかん。早く夜釣りに出なければ大潮になるぞ(笑)
スポンサーサイト

コメント

あんりさん>経歴からいえば、あんりさんOKですね♪仕事を得るにはこの会社に売り込むってことでしょうか。
今仕事中なので視聴できませんが、家に帰ったら聞いてみよ!
こういう仕事、どうやったら出来るのでしょう・・・・・・。
ま、みなさんアナウンサーだったとか俳優だったとか、そういう経歴なのだと思いますが・・・・・・。
幸・水さん>自分で読んだりしてね(笑)
場面や情景が目に浮かぶような臨場感あふれる作品ばかりなので、朗読に適していると思いますどすよ(^O^)朗読作品になったら、手に取って読めない時も作品に浸れるのでウハウハどす\(^O^)/

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。