遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次に

 江戸東京博物館の「ペリー&ハリス~泰平の眠りを覚ました男たち~ 」へ出直しで行ってきました。

 peri[1]


 ここで何を見たかったのかというと「ボートホイッスル砲」
 これを見て、当時の日本はアメリカとの彼我の差を知り、開国に踏み切ったと言われます。このことは読売新聞の記事にもなっているのですが。

120921736430816131947[1]


 車輪は当時の実物、砲身はレプリカ。これがちょっとプラスチックしていて笑ってしまいました。お金がなかったんですかね。

 別の展示では、火消しの装束展とコラボして山本寛斎さんの衣装も展示してありました。この博物館はボランティアの解説員にお願いすれば、展示品の説明などをして一枝夜に回って下さいます。団体客などはお願いすることが多いようで、解説員の方が何人も引き連れているのをよく見ます。

 その日は三十人近くを引き連れた人が解説をしていましたが、これが声がでかい!館内に響く大声でわあわあ言っている。うるせえなあと思いながら見て回っている内にまた行き合いました。

 そうしたら、山本寛斎さん御本人でやんの。声がでかいはずだわ(笑)自作の解説をしておられたんですね。うーむ、あの歳でなんちゅうバイタリティかと驚き呆れつつ、うーん、自分もいつまでも落ち込んでいてはいかんなと、更にちょっと浮上。

スポンサーサイト

コメント

あんりさん>静かにするのが前提の場所ですからねえ(笑)これは篤姫を脇から補足する企画ですね。
声が大きい人は、とにかく元気ですよねぇ。
周囲に迷惑かどうかは別にして。(時々、無駄に元気なんじゃないか、と毒づきたくなりますが)(^_^;)

そうかぁ・・・・・・、今江戸博物館は「ペリーさん」なんですね。これは浦賀に関係あるし・・・・・・、ふむふむ。
幸・水さん>腹から声が出ていました。気力なんでしょうねえ(笑)
TVのCMで、完済人になろう!と、やってるのを思い出しました(笑)声のでかい人って、加減してくれませんよね(笑)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。