遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳川夢声

 アシシさんとブログ上のやりとりをしていて、徳川夢声さんの話が出てきました。四十才以下、ひょっとしたら五十才以下には良く分からない人だと思います。

 ここ。  http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0642.html

 松岡正剛さんの千夜千冊で、夢声さんの凄さが分かります。

 ところで。  https://ssweb.ne.jp/musashi/musashi.html

 原作:吉川英治/朗読:徳川夢声  の宮本武蔵がありました。販売価格 22万8000円(消費税込)ですって(笑)買えねえー。でも、CD全77枚というのだから高くても仕方がないですか。でもこれで朗読は原作の約85パーセントだそうで、どれだけ凄い原作なんだ。

 上のサイトで試聴出来るので、夢声朗読の素晴らしさを感じて下さい。

 子供の頃からこういうのを耳にしていたので、小説は朗読されるのに耐えるものでなければと思っていました。最近忘れることが多くなっていましたけどOrL

 もう一度初心に帰って文章を考えてみなければ。具体的には、同音異義がある場合、耳から聞く人に誤解を与えない分かりやすい言葉を選ぶ、と言うようなことですが、これがなかなか厄介なんですよね。

 さ、がんばろう。
スポンサーサイト

コメント

ち~ぼさん>そうです、活弁上がりの人です。ただ、昔の人は勉強家が多くて、この人は偉大なる教養人になりました。ちなみに三波春夫さんも凄く教養のある人だったそうですね。
活弁の方ですか?

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。