遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉業

DSCN1220.jpg


 丁度一番寒い時間帯に外出してしまいました。
 かみさんが銀行の手続きをするのに付き添ったのですが、かみさん一人だといつも何かトラブルので、一緒にいるようにしているのです。側にいてアドバイスをするだけでも、かみさんの負担はかるくなるみたい。

 せっかく銀行に行ったので、近くにある深川不動尊と富岡八幡宮をまわってお参りをしてきました。僕ではなくかみさんが(笑)

 写真は日本地図を作った伊能忠敬。忠敬が第一次測量を始めたのが1800年(寛政12年)で56歳の時。世の中には若くして名を上げた人が一杯いて、それを思うと絶望的な気分に襲われたりもします。そんな時に力づけられるのがこの人。僕はこの人にこそ手を合わせたい(笑)

 まだまだこれからですわ。
スポンサーサイト

コメント

幸・水さん>燃え尽き症候群なんて言葉もありますからね。永遠の未完成が生きる気力になるのかも知れません。毎年の桜をみると、また一年生きたと思います。
あんりさん>僕としては、与えられるより見つけたいですね。
ち~ぼさん>問題は意志の強さでしょうかね。
寿命が短くなってしまう例が多いんじゃないどすか?(笑)あっしなんて「大木は晩成す」なんてね。お不動さんのお参り……なんか春らしい光景どすね(^-^) 今日は当地でも、まだ水は冷たいものの、暖かい一日どした。虫も飛んでおりやしたし(笑)あぁ、ひと冬生きのびやした(爆)。だって今年の冬はそれは厳しいものどしたよ
私も手を合わせます。(笑)
幾つになっても、情熱が注げるものに出会えた人は幸せだと思います。
日本には「命(ミコト)もち」という言葉がありますが、これは自分で見つけるものなのか、与えられるものなのか、と最近考えることがよくあります。・・・・・
この人、マジに凄いっす。

まっ、誰にでも許されたことではないですけどね~

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。