遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すーちゃん日記

020.jpg
我が家のタンスの上には、江戸の長屋をミニチュアにした食玩が並べてあります。いくつかダブリがありますが、梯子を登って半鐘を叩いているのが二つあって、長屋の端と端に置いてあります。この一方にすーちゃんはご執心なのです。
 かみさんは半鐘を叩いているお兄さんを「清次」と「辰五郎」と呼んでいるのですが、すーちゃんがご執心なのは清次の方。見た目には全然変わらないと思うのですが、すーちゃんはいつも清次をコテコテして梯子から落とすんですね。
 清次と辰五郎を入れ替えても同じ、やはり清次の方を梯子から落とす。梯子から落とすだけでは飽き足らないのか、ついにはタンスからも落としてしまう。いつか清次は壊れるぜ。
 
 この執心振りは、愛か憎悪か。考えるのよね。
スポンサーサイト

コメント

幸・水さん>すーちゃんの鰹はパック入りなので、直接触れていないとは思うんですけどね。最初にチョッカイ出したときに、すーちゃんの匂いが付いたのかも知れませんね。それがカツオ節を食べた直後だったりして(笑)
構うっつうのは、やっぱ好きな証拠どすな(笑)でも鰹節を削った直後に清次さんを触らなかったかどうか、検証が必要どすね(爆)
ポポスさん>どーしよーっ(笑)
すーちゃんの初恋なのかも♪
どうするらんせさまっ
アシシさん>へへへ、僕はほら、狐狸妖怪のたぐいは信じないタイプですから(笑)
その清次には、よからぬ者が憑いているんですよ。すーちゃんは、らんせさんを守ろうとしているんです!
愛でも憎悪でもなく、ご主人さまのために奮闘しているすーちゃん、がんばれ!

ホラーの短編やでっち上げ実話物を書いていたので、こういう話を聞くと、すぐに怪奇なほうへ行ってしまいます(^^ゞ

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。