遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慌ただしい日

 今日、水回りの点検と補修のために業者さんが来た。水圧で水通しをするためにホースが繋がっており、玄関ドアが開いたままになる。すーちゃんが出て行っても困るし、業者さんに「はー」をしても申し訳ないし。点検補修の間は籠の中に入って貰うことにした。暴れるだろうと予想していたが、終わるまで籠の中で大人しくしていてくれた。驚き。

 さらに夕方、新聞の集金におばさんが来た。かなりオットットな人なのだが、いつも玄関内に入って貰って応対する。冬などは、家の中の暖かさに人心地が付くらしいので。すーちゃんはいつもトイレに入って貰うのだが、今日は間に合わずおばさんと間近のご対面となった。すーちゃんは家族と若いお兄ちゃんにしか慣れないとは、もう何度も書いてきた。こりゃあすーちゃん「はー」しまくりだぞと思ったら、あらら、怒らないぞ。おばさんは自分の家でも数匹の猫を飼っていて、大の猫好きだと自慢げに言った。

 いや、猫好きならこれまでに何人も来たけどさ……その人達の立場はどうなるのか。

スポンサーサイト

コメント

きっと数匹のネコちゃんの匂いの中に、好きな匂いがあったんどすよ(=^・^=)
それとも、籠に入っているのが退屈だったからかニャ?
幸・水さん>籠に入っていたのと、おばさんが来た時では時間的に相当なずれがあったので、おばさんが「はー」されなかったのは、おばさんの実力だと思います。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。