遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

句読点

 昨日紹介した「ハチドリのひとしずく」の物語部分は、WEBで拾った際、句読点のない文章でした。読みにくいだろうと僕が勝手に句読点を付けたのですが、僕はあまり句読点の付け方が上手くないんですねえ。基本的に意味の分かるように、息がつきやすいようにという事を心がけているんですけどね。

 もともと、文章には句読点はないものでした。それに句読点を付け始めたのは明治の頃からだと聞いています。大衆文学が生まれ、広く一般にも文章を読んで貰うため、分かりやすいように付けられたのが事始めだそうです。だから、公式の文章に句読点は無い。それは相手に対して教養がないと言っているのと同じで失礼だから、という理由らしい。うん、そう言えば賞状には句読点が無いなあ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。