遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20  プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展 日本の博物学シリーズを見るために、東京国立博物館・平成館へ。これ前触れは「伊藤若冲展」じゃなかったかなあ?いつの間にか江戸絵画っておまけ付きになってるぞ。

 一週間のうちで、博物館関係の場所が一番空いている木曜日なのに入場者の多いこと。しまったとおもったがもう遅い。ろくに若冲を鑑賞するすきもなく、突っ込んできた姉ちゃんの足を車輪で踏んでしまう。これで落ち込んで後は鑑賞どころではなくなる。まあ、後は若冲じゃなかったからいいんだけど。

 気分直しに本館へ寄る。特集陳列 「日本の城郭」を見るため。しかしついでに見た、親と子のギャラリー 「博物館の動物園」が意外に面白かった。動物の骨董美術品展示と言えば分かりやすいかな。中学校の教科書でみた高村光太郎の木彫・なまず、の実物に感激する。手の触れるような目の前に、無造作にあるという状況も素敵だった。

 そこから急いで江戸東京博物館へ。先週お金が足りなくなって買い損ねた資料を買いに行ったのだ。こんなものは買い損ねたら二度と手に入らない恐れがあるので。

 いやあ、大忙しですわ。

スポンサーサイト

コメント

おお、それはもらい事故なのでお気になさらずに。
時々急ぐあまり、前も見ずに突進なさる方がありますからねえ、うーん、困ったものじゃ。
お写真の絵はニワトリどすよね。
あっしんちのおかみさんはニワトリグッヅが好きなので、この絵の絵葉書とかあったら買っちゃうと思いますどす)^◇^(∈
もらい事故(笑)あちらがしきりに謝ってくれましたけどね、僕の無事故記録(笑)は途絶えるし、どうしても悪いことをしたという気はぬぐえないし。若冲は鶏の絵が多いんですよ。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。