遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すーちゃんの話・2

 すーちゃんは息子に助けられたせいか、母親と思っているらしく、会えばすぐに指をしゃぶりはじめる。えんえんとしゃぶって声が嗄れてしまうくらいだ。かみさんには友達か子分という意識らしく、歩いているその前に飛び込んで囓るは引っ掻くは。かみさんは悲鳴を上げるが、すーちゃんは実に楽しそうである。

 で、僕にはどうかというと、最近撫でさせてくれるんですねえ。朝の6時に仕事を終える頃には、僕が車椅子からでも手の届く椅子に寝ていて、顔を撫でると気持ちよさそうにしている。それから蒲団にはいるとその隣にあるかみさんのベッドに行って僕を見守るのだ。さらに、さらにですよ、僕が目を覚ますと僕が触れるほどの近くに寄って来るんですねえ。まだ一度も噛みつかれたこともなければ、爪を立てられたこともない。

 もしかして、僕が一番すーちゃんに好かれているのかな?うふふ。

スポンサーサイト

コメント

もしかしてらんせ様・・・鰹節香水でもつけてますかぁ?
なんちゃって・・・いいなぁすーちゃん絶対らんせさまの
事好きになっちゃったんですよ♪
そういえばこの前プログペットのスーちゃんに「らんせ好き?」
って聞かれてドキっとしました。
ポポしゃん>そうかなあ、すーちゃん僕のこと好きなんかなあ♪(^○^) すーちゃんにそんなふうに聞かれて、当然「大好き」と答えましたよね?(笑)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。