遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国書文学大賞選考会

 国書文学大賞選考会のために板橋の国書刊行会に出向く。

 手探りで始めた国書文芸カレッジもようやくここまで来た。それぞれの講座から、生徒さんが応募してきた作品を選考し、今日がその最終選考する日であった。

 選考委員は皆さん良い人ばかりなので、活発な意見と生徒さんを思いやる発言が飛び交い和やかな時間が過ぎた。その結果四作品が選ばれたのだが、これについては他の先生方のブログに発表されてから、こちらでも発表したいと思う。

 選考会後に、国書の佐藤社長がビールを持って陣中見舞いに来て下さったせいで、先生方はみんな酔っ払ってしまった。僕だけが抜け駆けで先に書くわけにはいかないしね。それにしても、どの作品も(賞から漏れた作品も含めて)ちゃんと小説になっているのには驚いた。これがね、なかなか難しいことなのよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。