遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院

先月の末、夜の9時過ぎに突然気分が悪くなりました。
トイレに坐ったらいつものように下痢、洗面器を用意してもらって吐いてしまいました。吐いた物はほとんど胃液でしたが、これがコーヒー色。二十歳の時十二指腸潰瘍になって同じように吐血と下血をしたので、すぐにそれだとわかりました。心配したかみさんが息子に電話をしたら、息子とお嫁ちゃんがすぐに飛んできて救急車を要請しました。
この時のことをかみさんが言うには「あなたはウンコをしていると思っていたけど、あれは血の塊だったからね。三度流しても下から上がってきたのは真赤な血だったから」
通い慣れた木場病院に運ばれ、胃カメラを呑んでの診断は、やはり十二指腸潰瘍でした。
そのまま入院、その四日後に担当医師から「峠は越えました」と言われ、峠近くにいたことも知りました。
何でも血液が半分になっていたらしい。
1週間絶食し、栄養価の高い点滴を鼠径部から入れて、1か月の入院加療という診断でした。でも 1か月など入院していたらとてもたまらないので、拝み倒して何とか退院してきました。
IMG1459.jpg

その分、家で安静にしているからという条件です。もっとも元気を出すったって出せるものではありませんが。

入院中にメーラーが消え、exblogが見られなくなっていました。メーラは息子が復活させてくれたのですが、exblogはどうも見られないようです。exblogを使用していらっしゃる方々は僕の反応が遅くなりますがご容赦下さい。


ともあれ、45年ぶりの吐血と下血はかなりこたえました。
日常のペースを取り戻すのはしばらく先になると思いますが、今しばらく長ーい目でお待ちください。








スポンサーサイト

コメント

今回も命ながらえました。もう少し頑張ります。
付き添いの宿泊は規則で許されず、かみさんがいてくれないのが辛くて切なくて(T_T)
いつもの下痢とばかり思っていたら下血なんてね。入院生活の方がよっぽど辛かったです。同室の人は末期癌でカウントダウン中だったし。
驚かせてすみませんでした。ボチボチ頑張っていきます。ちょっと待っててね。
全然、全くどこの更新もされない状態だったので、密かに、どうされたのかなぁ…。夏バテかなぁ…。と心配しておりました。
退院おめでとうございます。
後日談として、サクッと状況が書ける感じで、ホントに良かったです。
ひゃあああ大変でした!
どうかお大事に、とにかくお大事に、くれぐれもお大事にです。
そんな大変なことになっているなんて存じませんで驚きました。
退院されたとのことで、よかったです♪
しかし、ずいぶんとお苦しかったでしょう……。
ともかく、ゆっくりと休んでください。
とにかく、知らせを受けた時は、驚きました。退院された由。とりあえず、ホッとしました。どうかご無理せずに・・・。代わりに、ご子息に原稿を催促しているですが・・・。まだまだ、残暑も続きそうです、どうかくれぐれもご自愛下さいませ! 御身大切に!
胃カメラで患部に直接薬を吹き付けたりしたようです。参っちゃった。
私は潰瘍の病気はしたことがないので、ただただ驚いております。
そして具合の悪い時に胃カメラを飲むなんてまた信じられません。検査上必要なのでしょうけれど…。苦しかったですね。
でも、奥様がそばにいらしてよかったですね。息子さんご夫婦も近くにお住まいでよかったですね。中には一人の時に具合が悪くなって発見が遅れたり、自ら通報しなきゃいけない方もありますからね。発見が早いのは助かるために一番大事ですよ。
一週間の絶食なんて…、先生よく我慢がおできになりましたね(不謹慎ながら笑)。点滴をしていると空腹を感じないといいますが、私なら無理壁だったと思います。

私が見たところ、男性は65歳から75歳が危ないです。そこを乗り越えた方は90とか100歳まで寿命が延びる可能性が高いです。
先生はもう乗り越えられたので大丈夫ですよ。
どうかご無理をなさらずに、気を楽に持って毎日をお過ごし下さいm(_ _)m
本当によかったです!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。