遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こまちゃん

がんばるこまちゃん

詳しい経緯を書くと長くなるし、第一気持ちが落ち込んでしまうので簡単に書きます。

こまちゃんは昨年12月ころから体調を崩し、殆ど食べていません。水も飲みません。

謂わば飲まず食わず。で、みるみる痩せてきました。こうなる前は7、5㎏あったのですが。

現在黄疸が出ています。通常黄疸が出れば助からないとWEBにはあります。

でも、三日前から通い出した獣医師によると血液検査の結果はさほど悪くないと。

とにかくウンコが詰まっています。これが出れば快方に向かいそうです。

(昨年のこと)こまちやんが無くなった夢を見て、夜中にパニックを起こしました。

いい歳をこいて打たれ弱いものです。

こまちゃんも僕もがんばらねば。

春よ来い!
















スポンサーサイト

コメント

げのさんの言葉心強いです。
私もよく色々調べてパニックになってました。
深呼吸ですね。こまちゃん早くうんち
だして、また食いしん坊になろうね。
あ、黄疸の原因は飲まず食わずだったことです。
もともと脂肪がたっぷりある子が二日以上食べないでいると、体は豊富な脂肪を分解してエネルギーに変えようとします。
その時に、肝臓の細胞の中に分解につかった脂肪の残りがどんどん溜まってしまって、肝リピドーシスというのになります。
これが黄疸の元です。
最初に肝臓の病気とかで肝臓が悪くなっての黄疸とは違って、二次的に発生したものです。
確かに肝臓の細胞はダメージを食らってはいますが、肝臓主体の病気での黄疸とは違いますので、いろんなHPとかに載っている肝臓が悪くなったときのそれと見比べてお気持ちを苦しくなさらなくて大丈夫です。
今はとにかく肝臓を保護しながら原因となる便秘をやっつけることです。
吐き気が強いうちは食べ物をあげると余計気持ち悪くなってしまうでしょうから無理はなさらないで、ほしがったら水っぽいものをちょっとずつあげるようにしてみる感じがいいと思います。
看ているらんせさまと奥様が一番おつらいのはよくわかります。
どうぞ時々深呼吸なさって、最初に思いきり息を吐いてから空気一杯入れて胸をできるだけ開くようになさってみてください。
それだけでもちょっとだけですけど交感神経やわらぎますから…。
看病する側が参ってしまわれては元も子もありません。
長丁場になる可能性もあります。
どうぞお気持ちをしっかりかつ柔軟にもたれてください。
獣医師がそういうなら信じて治療頑張ってください。
黄疸は出ていても腎臓はまだ無事ということだと思います。
摘便でも浣腸でもいいですとにかく出してもらいましょう。
体重の多い子では便秘はよくあります。
おなかの中にも脂肪が増えてしまうせいで、肛門のちょっと手前が狭くなってしまって出が悪くなってしまい、便が出ないままそこに長くいるために水分が抜けて段々固くなってしまい、更に出にくく溜まりやすくなってしまうのです。
便をふやかしながら物理的に取り除くことがとっても大事になります。
それが原因での黄疸なら、皮下なり静脈内なりに補液をし続けていけば薄まります。
大丈夫です。がっつり治療しましょう。
たまに哺乳類で子育て中は飲まず食わずという動物がいますね。クジラの種類とクマの種類でしたか…。
こまちゃんは育児中ではないのでちょっと違うとは思いますが、哺乳類でそういう動物がいるという事実は、ちょっと頼もしいですよ。
大根葉を小さく刻んでごはんに混ぜたりしたら、食べてくれませんかね?お腹を温めてマッサージするのも良さそうですよ。
お腹の詰まりが早く治るよう、祈ってますにゃ三^・^三
本当に、春よ、早く来い! ですね! 

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。