遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野

えー初めに断っておくと、僕は障害者なのでたいていの都の施設は無料です。

なので、江戸東京博物館などは駐車料金も含めて無料なのでかみさんの都合が付く限り、ほとんど別宅にしています(笑)

さて今日は内科の定期検診の後上野へ。

東京都美術館マウリッツハイス美術館展http://www.asahi.com/mauritshuis2012/

の、「真珠の耳飾りの少女」が目当て、付き添いも無料です。ねんのため(笑)

20111205_2346463.jpg


まあー覚悟はしていたけど人が多いこと。

しかも「真珠の耳飾りの少女」は長蛇の列でぐるりと並び、絵の前では「立ち止まらないで下さい」と、パンダ並(爆)
でもなんとか観られたけどね。

先日の水曜日「シルバーデイ」は入場が二時間待ちだったそうな。

タダだからって来るなよジジババ。あっ他人のことは言えないな(笑)

絵は小さいよ。

続いて国立西洋美術館のベルリン国立美術館展へ。http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2012berlin.html

こちらは同じフェルメールでも「真珠の首飾りの少女」

そういえば、「真珠の耳飾りの少女」は以前は「青いターバンの少女」と呼ばれていたよね。

何時から、どう言う訳で呼び名が変わったのか知らないけれど、お陰で「真珠の首飾りの少女」で画像検索してググっても、耳飾りの少女しか出てこない。

で、「真珠の首飾りの少女」は自由に観られるし、僕なんか真っ正面からしげしげと観ることが出来た。

chibi88445-img220x311-1340882255zhon8f57693.jpg


白い壁の美しさは喩えようがない。

どの画も素晴らしかったけど、「お!」と思うのは大概名を知られた人の作品。

やはり一流の人はどこか違うのかな?



僕の周りには今真珠の耳飾りの少女が、もの言いたげに振り返っている。

もう想像が付くと思うけど、色々小物を買って来ちゃったってことさ(爆)










スポンサーサイト

コメント

クリア・ファイル、買ったさ‥‥。(爆)
美術館の出口を出ると、必ずあるお土産コーナー。あれ、困りますよねぇ。(^_^;) でも大概カードは使えなくて、現金払いだから350円のクリアファイルくらいしか買わないのですが。・・・・言い方を代えると、必ずクリアファイルを買ってしまう私。そんなにファイルするものなんかない、っちゅうのに。・・・・
天下をとって自分だけの美術館を建て、世界の名品を飾って一人楽しむって方法ですか(爆)でも、胸の中で(おめえなんぞにゃこの画の素晴らしさはわかるまい)なんて毒づきながら観るのも一興ですよ(爆)
やはり、本物は、違いますよね。しかし、長蛇の列に並んでまで、見たくはありません・・・もっと、ゆっくり絵画鑑賞したいものです。天下とるしかないのですが(爆)。しかし、暑いです。ご自愛下さい!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。