遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日二

日曜日に現代美術館に行ったのは前記の通りですが、その前にお墓参りに行きました。

本来九州は旧盆なのですが、かみさんが

「お盆と日曜日が重なる事はめったに無いので行こう」

と、言い出したのです。

「霊なんかない。墓に親父はいない」

ってのが僕の口癖で、「そこにわたしはいま~せん」なんて『千の風になって』を歌い出す、ある意味性質が悪いので、かみさんなだめすかして連れて行ってくれました。

我が家の宗旨は浄土真宗なので、お墓に死者の霊はいないという解釈でいいのですが。

IMG_1006.jpg

墓に彫ってあるうちの家紋。

藤輪に抱き茗荷。藤原系で大分の大友家家臣であったと推察出来ます。

主家から家紋を下される事はあったし、衛藤という名字は大分に多く存在します。

それはともかく、最近この14階建てのアパートで不思議なことがあるらしい。

誰も乗っていないエレベーターが頻繁に9階で止まる。

無論、誰も呼んでいない‥‥。

当然防犯カメラに何も写っていない。

お盆だから霊が行ったり来たりしているのではと、もっぱらの噂。

ジャーン!










スポンサーサイト

コメント

エレベーターは臭いです。これは霊の匂いではなく、隠れて犬を飼っている人がエレベーターで犬の散歩に行く人がオシッコをさせちゃうからです(笑)一匹がしちゃうと、われもわれもと上書きするので大変なことになっています。霊より犬のオシッコの方が問題で(笑)ああ、一階で良かった。うちの家紋はゴチャゴチャしているせいで、少し離れると白丸にしか見えません orz
霊は怖くないですよ。もしいるものなら、こちらも同じ身分になるのですから。それならこちらが幽霊になったとき、思い知らせてやりますよ。そんな気合いが伝わるのか、僕の前には一切出てきません(笑)で、父や従兄弟など亡くなった親しい人たちに毎朝欠かさずお供物を上げ、お祈りしていて、「もし本当に霊になっているなら、みんな協力して僕に宝くじの一等を当てて下さい」と頼んでいるのですが、一向に証明してくれません(爆)
「ゴースト」は気になっていますが、まだ観ていません。何しろ観るもの大すぎで(笑)冗談で近衛+藤原の家系だぜと言ってますが、衛門府の藤原氏つまりただの門番です(爆)家柄から言うと、江藤の方が断然上のようです。でもまあ家柄犬の糞ですから、どうでもいいんですよ(爆)大友家に衛藤なにがしという武将がいたのは歴史書にありますが、この人、大事な戦でボロ負けしちゃってるんですよ。この人が先祖だったらいやだあー(爆)
昔、幽霊列車とかいう映画がありました。死んだ日本軍の兵隊達が列車で帰ってきて、家族のもとを尋ねるという内容でした。以前テレビでも似た内容の特番ドラマがありましたね。列車は、発車時間までに戻らないと乗り損ねて帰れなくなるという設定でした(笑)幽霊なら場所も時間も関係ないはずなんですが、何しろ幽霊は人間が考え出したものなので色々矛盾があるんでしょうね(笑)
うほ♪大好きなおばけなお話だ~♪
私の場合、霊と電気(電波?)は同じもの
だと思ってます。だから霊が動くとエレベータ
も動く。まぁ波長の問題で動かせる霊と
霊だけうごく場合とある(という設定)

ちなみにうちのマンションは元火葬場だから
ロビーが涼しいです。異常にひんやり☆
夏は気持ちがよい霊道。といったら霊道で
涼むなと怒られてました。でもみえないから
いいですよね。ジャーン

ところで乱星さまの家紋かっこいいですねぇ。
ふさふさしてて。奥様のところは梅鉢紋!
思わず頭さげてしまいましたよ(笑)
霊はなんでもありなんですよね。
検証されていない存在ですから。もちろん、いるのかいないのかも分かりません。いるほうが面白そうですが、怖いです(^ω^;)
いると仮定して、霊に制約がないとはいえません。なにかに縛られているかもしれないから。地縛霊とかいいますでしょ。
また、その霊はエレベーターに執着しているのかも。あるいは、その行為でなにかを訴えようとしているのかも。
霊感のある人なら、ある程度分かるようですが。
そういえば、わたしの気功の大師匠は霊を見過ぎて怖がっているのですが、エレベーターにはけっこういるようです。

でも、幸・水さんの仰るように故障の前兆かもしれませんね。
定期点検しているはずですが、見落としがあるのかも。

あんりさん、ジェニファー・ラブ・ヒューイットも老けましたねえ。

らんせさん、霊感ありますか? わたしには霊感はないし、霊を寄せつけない体質だと霊能者がいってました。良かったです。でも、息子は見る体質で寄せつけ、かみさんは見ないけど寄せつけるんだとか。困ったもんです。
最近Huluの「ゴースト・・・・」(思い出せない)ナントカという米国TVドラマを毎日見ているので、エレベーターの件は「そりゃ霊がいるな」と思います。心残りがあって彷徨っている霊らしいので、その心残りを取り除いて、光に送ってあげなければなりません。・・・・と主人公のメリンダが、いつも怖い思いをしながら(霊の)カウンセリングをしてあげて、最後はなぜか一緒にいつも泣いているドラマです。・・・・パターンが同じという意味では水戸黄門のようです。(笑) らんせさんは藤原家系統だったのですねぇ! 凄い、平安時代だったら、このようにお話はできなかったのね、(パソコンで)。・・・・(^_^;)
霊は肉体の制約はないのですから、エレベーターは必要ないのではありませんか?
機械も、完全に故障する前にちょっとお知らせみたいなのがあるじゃないですか?今のうちに点検しておいた方がいいですよ、と自治会の方にお伝えしたいです(笑)
でも9階っていうのがちょっと気になりますね……。ジャーン。


熊本も大分も、大雨で大変でしたね。また台風が来ていますし、心配なことです。




コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。