遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂き物

1106038515.jpg

『圓朝語り』徳間書店 価格1,575円を 著者の稲葉稔様より御恵送戴きました。ありがとうございます。m(_ _)m


帯文

時代小説の旗手が描く、

「落語の神様」

事件帖。

六代目三遊亭円楽師匠も感服!

「面白いッ!」

時は幕末。芸に悩む若き噺家・圓朝は、

娘殺しの下手人を追い、江戸の町を尋ね歩く。

手には怪談『牡丹灯籠』の創作帖‥‥。










問題小説に好評連載された作品が一冊になりました。

毎月楽しみに読んでいたとしても、一気に読み上げるとまた違う感慨や、気付かなかったものが浮かび上がって来ます。

虚実の間を行き来する楽しみをどうぞ。








スポンサーサイト

コメント

あ、面白い!

カーソルを文字のところへ持っていくと、青みがかりますね!
ひょっとして、文章全体にタグがかかってるんじゃないでしょうか?
文字をクリックすると、表紙絵が表示されますよ。

上の拙著のところは大丈夫です。
 あれ?とりたてて違うことはしていないと思うのですが?済みません、原因が分かりません。
携帯の不具合かもしれまへん、ほいで個人的な不具合かもしれなくて申し訳ないのどすが、青がかかって文字が見えにくくなっております。稲葉先生のご本の表紙は拝見できるのどすが…。あっしのせいだったらすみませんどすm(__)m

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。