遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日

 地震当日、僕は一人で机に向かっていました。パソコンはいよいよ壊れそうで、だましだまし使うのももう限界。仕事はポメラで出来るけど、パソコンとリンク出来なきゃ機能は半減だなあと、困って前屈みになった瞬間。

 ゆさゆさっと来ました。

 横揺れから始まったので直下型ではない、阪神淡路大震災ではいきなりテレビやタンスが飛んだと聞いているので、強いと言っても関東大震災ではないと判断しました。

 ところが、揺れが長い!そして突然大きく揺れ出しました。

 最初の揺れでびびっていたすーちゃんとこまちゃんは、完全にパニックになって走り回り、どこかに消えました。

 そして僕の後ろの本棚が、僕に倒れかかってきました。

 重い単行本が僕の車いすの周りに落ちかかりましたが、僕としてはどうしようもありません。

 石油ヒーターを消さなくっちゃと思いますが、もう車いすは本を乗り越えては行けない。

 火事で焼け死ぬのは嫌だなあと思いつつ、見ると自動消火装置が働いて消えている。すげな、と感心しながら時計を見るとかみさんが帰ってくる予定の時間まで後一時間半ある。

 まあ仕方がないなと諦めたところで‥‥

「まこちゃん!生きてる!?」

 鍵を開けて玄関からかみさんが飛び込んで来ました。







 後日談

「いやあ、仕事の途中で帰ってくるとは思わなかった」

「帰るに決まっているじゃない!ああだめだ、もう死んだかも知れないと思って、まだ誰も呆然としているのに車を運転して帰ってきたんだから。そうしたらキリストが十字架を背負うみたいにして本棚をしょっているんだもん」

「車いすの後ろに付けている枕が本棚を防御してくれたんだな、大げさだから取り外そうとも思っていたんだけど、取らなくて良かった」

 また生き延びてしまった。
スポンサーサイト

コメント

 僕も本棚をしょったままで「大丈夫かキリスト」「イエス」を何度か繰り返していました(笑)
 本棚に囲まれていますからねえ、しかし、真後ろにあった本棚は、かみさんが速攻で「捨てる!」と宣言しました。粗大ゴミに連絡したので四月半ばには無くなります。
 お互いまだこの世でやるべき事があるんでしょうね。
笑い事じゃないけど東京マラソンのキリストさま
のブログ思い出して・・・(='m')くす・・・じゃないです
よぉぉぉぉ!!よかったぁぁ
暫くは防空頭巾被ってお仕事してくださいね☆

あぁぁぁぁ
ちーぼさんも・・・よかったp(´⌒`。q)
ストーブの自動消火装置ってニクいほど敏感に良くできてますどすよね。よかったよかった)^o^( 本棚は真後ろにあると便利なんどすけどほんと危ないどす。真後ろは軽い文庫にしておいた方がええどす。あと、本をぎゅうぎゅうに詰めて並べた方が落ちにくいような。でも普段に取り出しにくいどすけど…。ほんと、枕と奥様のお陰どすね。よかったよかった。
良かった。

私も仙台駅前のビル8階で死に掛けました。

なんとか生き残りました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。