遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲ

 半年にわたった「ゲゲゲの女房」が終わりましたね。

 かみさんが身につまされて毎回涙涙でした。

 そういう人が多かったので視聴率が良かったのでしょう。

 貧乏話強し!(爆)

 ただ、水木さんはやがて大当たりして成功しましたが、誰もがあんなにうまくいくとは限らない。

 むしろうまく行かない方が殆ど。(笑)

 最終シーンで水木さんが「まだまだこれからだ」と言いましたが、

 かみさんが、

「自由業はこれがいいよね。定年がなく、いつまでも夢を見ていられるもんね……」

 と、はなをすすりました。

 夢ばかりですまぬのう……orz 
スポンサーサイト

コメント

 おう、どんどんネタにしてくれていいぜえ。かみさんが嫌がるので、自分では書けないのさ。かみさんは目立ったり誉められたりするのが苦手でねえ。
 甘いと言われそうですが、僕は売れるよりも多くの人に読まれる方を選びます。数が少ないのが問題ですけどね。(笑)一万冊ほど書いていればねえ。(爆)
 いや、うちのかみさんは諦めているんですよ。(笑)
私もすでに晩年、老年期のつもりで生活を営む努力をしているのですが、まだ年金がないし夢も無い。・・・・これは一人より二人だったら夢が持てるってことだろうか? なんて考えたりします。・・・・でもねぇ、世間ではそんなに幸せそうな夫婦は多くありませんぜ。親分の所は「げげげの女房」に負けないくらい小説になると思いますがねぇ。・・・・・(あっしが書こうか・・・・・デビュー作で)(笑)
生きて行けるというのが一番幸せどすよ。あっしは沢山の馬が走り回る牧場と鶏舎と牛舎と野菜畑と田んぼと図書館のある広大な土地に生えるのが夢どすよ。図書館は一部は地域に公開しますどす。一度読んで満足した本とか二冊ある本とか(笑)先生の御本はもったいないし読んでもらいたいしどうしようかな?
あたしは定年がないんだから死ぬまで働けといわれています(-0-;

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。