遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ子の魂

 うちのかみさんには色々口癖があるのですが、良く言うのが、

「子供叱るなお前の来た道、年寄り笑うなお前の行く道」

 まあこう言うのがかみさんの人格形成をしているわけですが。

 実は子どもの頃、お寺でお坊さんの法話を聞いたりして育ったそうなんですね。

 おばあちゃんが、ちっちゃかったかみさんをあちこち連れていったと。

 かみさんは、ついていくとお菓子が貰えるので喜んでついていったんですね。(笑)

「みんなお寺に行けばいいのにね、いい事をたくさん教えて貰えるんだから」

 いや、お菓子に釣られただけでしょうに。(爆)

 
スポンサーサイト

コメント

 いやあ辞世の句を覚えちゃいましたか。(笑)僕の中学では禅寺での夏合宿があり、毎年必ず火の玉を見る奴がいました。
 うちのかみさんは高学歴ではありません。何しろ高校を卒業したばかりの時に僕が唾を付けたので。(爆)結婚するときには何しろ僕が一級障害者なので「全く何も期待していなかったよ。電球も自分が替えるんだなあと思っていた」そうなので。まあ覚悟があったってことですか。(笑)
 女子高生の時は友達に誘われてモルモル教にも首を突っ込んだらしいです。ただ、そこでは男性外国人さんがみんなポケットに懐中電灯を入れているのが不思議だったそうで。僕と結婚してから懐中電灯ではなかったと気付いたそうですが。(爆)
 この言葉はかなりストレートだと思います。案外おばあちゃんが自分を大事にするように繰り返し教えていたりしてね。(爆)
 おばあちゃんに連れられて、今で言うスーパー銭湯にも行ったらしいのですが、そこの舞台で「かわいい魚屋さん」を踊ってお捻りをたくさん頂いたとか。(笑)そのへんからお菓子やおまけが大好きになったようです。(爆)
お寺さんって神社とはまた違った、とっても人間的なあったかさというか、度量の広さがいいですよねえ。
なんかこう、人間のしょうがなさみたいなのも全部ひっくるめて面倒見てくれるような感じで。
ああ、あれが奥様のご成長に一役買っておられるんですねえ。わかる気がするなあ。

私がお寺さんで覚えたのは、良寛さんの辞世の句です。

形見とて何をか残さん 春は花 夏ほととぎす 秋はもみぢ葉

だったと思うんですが…ちがったらかっこわるいなあ。
ああ……いつかどこかで聞いたような記憶がよみがえって来ました。
いい言葉ですねえ……、しかし奥さま、そんなことをパッと口になされるというのは、かなり学のある方なんでしょうね。
元妻のことを考えると、とてもうらやましいです(ーー;)
おぉ☆私もお寺っ子でした。日曜学校、私はお寺、弟は教会という
宗教の壁を越えた平和な家族でして(笑)お寺に通っていたおかげで
妖怪系に興味をもちはじめたのかもしれません。地獄とか鬼とか大好きっこ
お葬式のお手伝いも沢山したし死人は友達みたいな(笑)
幼い頃にいい言葉を何度も耳にして育つってええどすね。最初はよく意味がよくわからなくても小学生くらいになると、はっとわかったりして、本当に素晴らしいご経験やったと思います(^-^) あっしんちのおかみさんもおばあちゃんと仲良しだったせいで、ほとけさんのおさがりはいつも真っ先に頂いてたそうどす(笑)
ほんとに、そういう人間に私はなりたい。・・・・
実年齢なんて魂の成熟度とは関係ないし、近頃老人の気持ちが分かるようになってきました。腰痛になってから。(^_^;)
お菓子もあったでしょうけれど、おばあちゃんもきっと優しい人だったのですね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。