遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画鑑賞

悪人

「悪人」を観てきました。

 BECKじゃねえの~と思ったんですが、かみさんが心変わりしました。(笑)

 重い映画は観ない僕なんですが、かみさんが観たがるんじゃ仕方がない。

 でも、軽くはないけどそれほど重くはない、その意味では良い案配の映画でした。

 賞をもらったふかっちゃんの演技は当然として、みんな上手い。

 妻夫木くんはあの人なつこい笑顔を封印して、別人としか思えない暗さ。

 樹木希林さんはあきれるほどの存在感、柄本明さんは娘を殺された父を演じきり。

 満島ひかりちゃんはほんとにいけない娘だし、岡田将生くんはほんとに殺したくなるほどいやな奴。

 まあこれで心に響いてこないわけがありません。

 いい映画でした。

 席が離れていたので、映画中のかみさんの様子は分からなかったのですが、映画終了から2時間ほど目がウルウルしていました。

 もっともかみさんは、ドラえもんを観ても泣く人なんですけどね(爆) 
スポンサーサイト

コメント

 ふかっちゃんはソバカスが素敵ですね。キャンディキャンディみたい。色白の人にはソバカスの人がいますね。白人に多いのかな?とすれば、ふかっちゃんは日本人離れしているのかも。
 妻夫木君はメークじゃないと思います。いいじゃん、男だし。(笑)
よく観ていらっしゃいますね。あっしはダイヤかな?くらいしか思わなかったと思います。役者さんの付けてるアクセサリー、服装、履いてる靴などで登場人物の生活や流行が現れるんどすよね。今、ダイヤが円高もあって流行ってるみたいどすね)^o^( ピアスの穴は、以前は随分気になったものどすが、この頃気にしていませんどした。 確かにどんな役もどんと来いという意気込みを感じますどすね。偉い!あっしはあと、深津はんの身体が色白できれいなのに、妻夫木はんの背中に細かいシミをたくさん見つけてしまいました)^^;(海辺の青年なのでよく日焼けしているというメイクさんの工夫かもしれまへんが…。 これから時代劇映画が四本か五本来ますね。モテキは一度しか観ていまへんが、満島ひかりちゃんがどれかに出演するとええどすね。
 確かに大画面だから気になるって事ありますね。満島ひかりちゃんの耳に気がつきましたか?ピアスではなく、耳たぶを挟むタイプのイヤリングでした。時代劇を演じる人の耳にピアスの穴があるととても気になるので、僕はそこにひかりちゃんの役者魂を観た気がしました。どんな役が来ても対応する用意があるって事で。
 モテキというテレビ東京深夜ドラマもひかりちゃんを観るために録画で観ています。(笑)
家の小さなテレビで見るのと違って大画面なので、しばらく映ったりすると、あれは何を意味してるんだろう?って気になっちゃって気になっちゃって(爆)好きってことなんどすけどね(^^ゞ
 受けとり方は個人に委ねられているわけですが、映画の雰囲気からして、それほど悪意のある設定ではなかろうと思うんです。僕は見終わった後で悩むのが嫌だから、いつも単純明快な映画を好むんですけどね。(笑)
やはりそちらどすか…。原作も読んでいませんしパンフも買い揃えてると大変で、画面を見ただけの感想なのどすが(^^ゞ 加害者から発せられた物が亡くなった被害者にとって慰めになるのかな?という違和感があったんどす。それで、孫のためにしっかりしなくてはお金も必要だと、お年寄りに妙な薬を高額で売りつけている連中の所に乗り込んで、帰ってきてマスコミに頭を下げたまま動かなかったので、お金を返してもらえず落胆し、被害者へのお詫びに同じ場所から身を投げてしてしまったのかと。 そうでないとしたら、あんな孫にもこういう優しい所もあるのです堪忍してやって下さいという意味なのかなと。そちらの方が近いんどすね。孫のことを引き受ける覚悟…。スッキリしました。ありがとうございましたどす(^-^)
 『悪人』もいいけど『カポディモンテ美術館展』に行ったらいいじゃないですか。(笑)機会があったらふかっちゃんを観に行って下さい。
深津さんは昔から好きな女優さんでしたが、今回は演技が評価されてホントによかったなぁ、と思いました。チラリと宣伝フィルムを見たくらいですが、妻夫木君がホントに別人のようだと思いました。原作を読んで、絶対に自分がやりたいと思ったのだそうです。他の俳優さんたちの名前を聞いただけで……観たくなりますね。
 スカーフですか……。あれは山の事件現場まで出かけたおばあちゃんが、孫の代わりに被害者に詫びに行ったってことですかねえ。スカーフではなく、花束でもいいと思うんですが、それだとはっきりしませんからね。取りようによっては孫を捨てたとも感じてしまいますが、そこまで穿った考えをしてはいけませんよね。(笑)孫の行いを引き受けるという意思が、最後にマスコミの前に進み出る行為に見られるのかな? 
やっぱ暗そうだから、迷ってたんどすが…。 ほんとにみなさん演技がよかったどすね。でも、一番思ったことは、やっぱり一瞬カーっとするのがどんなに人生を狂わせてしまうかっつう事どした。もちろん背景はわかりますが。ただ、妻夫木はんが初めてのお給料でおばあちゃんに買ってあげたスカーフが、事件現場に結んであったのがちょっと違和感があったのどすが、あれはどういう意味なのでしょうか?
テレビでちょっと深津はん似?のリポーターが赤い上着を着て、ロケ地の五島を訪ね、灯台まで歩いたのどすが、それは大変な山道どした。映画見てないと笑えない企画で、大いに楽しんでしまいました(^^ゞ

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。