遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画鑑賞

msc0912130844000.jpg

 昨日は「のだめカンタービレ」を家族で見てきました。

 大画面で見る千秋様は素敵でした。抱かれたい(爆)

 テレビでもいいんじゃないかという気もしましたが、見ているとクラッシックって素敵だなという気になりました。

 それだけ音が良かったということでしょうか。

 こうなると四月封切りの後編も見に行かなければなりません。

 絶対最後に予告編があると分かっているのに、エンドロール中に出ていく人がいました。

 どんだけ気が短いんだと目で追ったら、映写前から映写中もうるさかったフィリピン人親子でした。

 まあそれならしゃあない。









 日曜日に家族でクリスマス前倒しパーティをやったので、今日は格別のこともなし。

 でも、ちよっと早くやり過ぎたかなと……(笑)
スポンサーサイト

コメント

 息子は百人いる都立高校オーケストラの部長をしていました。さんざん教育されたんですけど、その時は別にクラッシックがいいとは思わなかったんですねえ(笑)そんなわけで、僕はまだ子供です(爆)
 画面が大きくなった分、投げているのが人形だとはっきり分かりましたね(笑)上野樹里ちゃんの怪演、いや快演は素晴らしいです。谷原章介さんもいい男だけど、やはり玉木くんカッコ良ス。
私も幼少の頃からピアニストになりたいと思っていたから、クラシックには懐かしい響きを感じて・・・・・。なんて言うと、ちょっとどこぞのお嬢様っぽくないっすか?(笑)
「のだめ」は本もTVも見ていないのですけど、クラシックが身近に感じる人が増えると人間も成熟するように感じるのと、日本人がもっと大人になるような気がします。(アンタは大人か!? ってツッコミはしないでください)(^_^;)
あっしには千秋様は痩せ過ぎどす(笑)あまりドーナツも召し上がってないのかも(笑)音楽はやはり素晴らしいどすね。素人にはちょっとわからないオーケストラの世界、団員の人間関係、指揮者の生活などをクローズアップしてくれたところが、原作の新しさどすね。あっしは漫画原作は読んでおりませんが(^^;突如漫画チックになるところが面白くて、クラシックの取っ付きにくさがなくなってますどすね。女の子をブン投げるのはちょっと酷いけど(笑)芸術家というのは人間関係以前に芸術との深い絆があるのかも、と最近考えていたことどす。そして、でもその深さが男と女では違うのではないかな?と、のだめちゃんの涙を見て思ったことどした…… あっしは今日、ケーキの第一弾を食べました、ダハハ

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。