遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お初

 断ることでもありませんが、僕は新しもの好きです(笑)
 目についたブログサイトには殆ど登録し、mixiやmyspaceやフォト蔵など、しっかり加入しております。

 去年加入だけしておいたのがtwitterというやつ。気が向いたときにつぶやきという短い書き込みをし、知らない人からコメントが付いたり、付けてみたり。

 でも、そんなに知り合いが欲しいわけでもなく(爆)うっちゃってありました。ところがたまたまケータイ作家の内藤みかさんが参加しているのを知り、更に先日twitterで小説を書こうよと呼びかけていました。

 みかさんは女流作家として初めてtwitterに小説を書いたと喜んでいるではありませんか。それをみて僕も初めてtwitterに時代小説を書いた小説家になりたくなったわけですね(爆)

 書きましたよ。

 でも一度に書ける分量に制限があり、ほんの140字しか書けない。どうしてもタイトルは欲しいし、時代小説らしさも欲しい。

 みかさんはテーマをtwitterで書いていますが、さすがに時代小説でそれは無理だろうと(笑)じゃあ日食で行くか(爆)ところが、みかさんがやっているサイトにアップするには#twnovelという表記と、表記前に半角スペースも必要だと。

 これで9文字取られるじゃないか(爆)

 もうね削るだけ削りましたよ。これで小説の体を成しているかですね(笑)

 まあいい、とにかくtwitterに時代小説を書いたお初は「えとう乱星」ということで宜しいでしょうか?(爆)

 http://twitter.com/#search?q=%23twnovel

 という場所にアップされています。分からないといけないので、恥ずかしながら書いたものを貼って置きます。

 【闇の立ち合い】荒れ地に対峙する二人の剣士に闇が訪れた。瞬間。これを機の熟したものとして二人は駆け違った。漆黒の中に赫い火花が飛んだ。一方の剣士の身体に冷気が走り、灼熱が燃えた。静かに日食が終わり、地に光は戻ったが「冥い……」斃れた剣士に、遂に光は戻らなかった。

これに半角スペースと#twnovelを加えてぴったり140字です。

 ちっ!照れるぜ。
スポンサーサイト

コメント

 時代小説になってますかねえ(汗)もう二度と手を出さないので笑わないで下さいね。m(__)m
わあ♪すごい!ちゃんと時代小説だー!!
あのひんやりとした空気までよみがえるような気がしますね。
 ついったーに居ましたよね(笑)すぐにフォローして、今何をしているか楽しみにしていたのですが、消えていた……(爆)仕事に繋がるのならmixiはやめられませんね。あまり手を広げるのも面倒だし。
 すがやさんはフォーローが700越えしいます。それも窮屈かなあ(笑)
 小説の短歌か俳句ですか、確かに。
 mixiは何もしていないんですけどね(笑)
 これは少し無謀な挑戦でしたね。SFのショートショートならともかく、時代小説では書けませんorz
いったん登録してみましたが、すぐに退会しました。
なんだか使いづらそうだし、面倒なので。
らんせさんがきたという自動配信メッセージは面白かったですが♪
実はマイスペースも面倒なんですよ。でも、あっちはミュージシャンの友人がいて、ちょいとのぞくには便利なんですが。
ミクシィは使い慣れているせいか、便利に感じます。
原稿依頼も、ミクシィのメッセージで来たりします(^o^;)

それはともかく、ついったー史上、初の時代小説アップ、おめでとうございます♪ヾ(@⌒▽⌒@)ノ♪
らんせさま! mixiに入ってるの?新たに、ってこと?! だったら教えてくださいましよ!
ところで、140文字というのは凄いですねぇ。小説版短歌とか俳句みたいなもんですね。……
昔のことどすから、何ヶ月も前からマスコミが大騒ぎするわけもなく、そういう天文知識を知って試合にのぞんだかどうかで、差がつきますなぁ。140字と言えば原稿用紙7行どすか!短っ!なのに映像が浮かんで来るようどすよ(-.-)乂(-_-メ)●「冷」と「灼熱」のところが特に素晴らしいどす(^-^)
 いや、次はないのです(笑)もうお初を取ったから(爆)
 短すぎてねえ(爆)
おぉぉぉ日食の間の果し合い!文字数も140文字で限られて・・・
ぴったりじゃないですか♪ちゃんと映像として浮かび上がります。
(昨日観たからなお更ですね)
面白そうですね~次のテーマ楽しみにしてますよ♪♪

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。