遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また来年

DSCN1099.jpg


 とうちゃん遊んでと訴えるこまちゃん。(笑)


 年賀状を書いています。宛名と署名はかみさんが書いてくれますが、一言のコメントだけは自分で書くことにしています。字は汚いし、一言でどうするとも思うのですが、気は心ということで勘弁して下さい。普段腕を使ったことがないので、50枚以上のコメントを書くのはちょいと大変だったりして。

 力尽きたので今年のブログ日記はここまでとします。また来年お会いしましょう。あ、コメントへの返事は書きますからね。

 では皆様良いお年を。m(__)m

スポンサーサイト

映画鑑賞

リンカーン



『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』を観てきました。

 復習のつもりで数日前のテレビ放送を見てから行ったのが失敗だったかも……。えー、ストーリー構成が殆ど前作と同じなんですわあ(爆)

 次々に出てくる謎をスカスカ解いてどんどん核心に迫り、その間アクションあり。最後は驚くべきお宝をゲットしてお終い。

 お宝が崩れそうな地下にあり、油に火をつけると川のように流れていって全体を照らし出す。というところも同じ。うーん、もう少し工夫してくれるといいのになあ。

 ネタはとても良いんですけどね。ちなみに、リンカーン暗殺の謎は殆ど置き去りです。(爆)

頂き物

51FLyssxLEL._SS500_[1]


『逃がし屋─もぐら弦斎手控帳』 (二見時代小説文庫) 価格:¥680(税込)を著者の楠木誠一郎様より頂きました。ありがとうございました。m(__)m

 つい先日、頂き物で紹介した楠木さんが久々の大人向け。しかも時代小説が発売されました。シリーズ物として設定されていますが、こういうものはおそらく初めてではないでしょうか?推理物のシリーズはこれまでにもありますが。

 元、歴史出版社の編集さんだった楠木さんです。歴史蘊蓄物はたくさん書かれていますが、基本を押さえた自由な場での作品はとても楽しみです。



イヴイヴ

DSCN1117.jpg


 クリスマスのイヴイヴなので家族でケーキとチキン(笑)定番ですが、形は守らないと(笑)

 クリスマスなんか関係ないニャンコたちは、なんかじゃれあっていました(爆)

映画鑑賞

07.jpg


「魍魎の匣」を観てきました。

 前作では冒頭の京極堂の長い解説で思わず眠ってしまったので、今回もちょっと心配だったのですが(笑)寝ませんでした。美少女が出てくると、訳が分からなくても眠らずに済むようです。

 原作の改変はあるようですが(当然ですね、枕みたいに分厚い原作を二時間ほどで映画にするには仕方ありません)関口が前作の永瀬さんから桔平さんに替わっていますが、これはそれほど違和感は感じませんでした。京極堂と榎木津が同じならそれでいいやって感じで(笑)

 ただ、匣の家は多分全然印象が違うだろうと思います。昭和30年前を表現するのに中国で撮影しているようで、これが大正解。セット撮影では得られないリアルで奥行きのある風景が見事でした。エキストラの中国人もまるっきり日本人(笑)僕の子供時代は本当にこんなだったことを思い出しました。

 グロもあるけど笑いもあり。こうなると次回作も期待したいです。

映画鑑賞

top_main_r1_c3[1]


「スマイル~聖夜の奇跡」を観てきました。

 簡単に言うと、可愛く綺麗に描いた「がんばれベアーズ」+「少林サッカー」です。(爆)連戦連敗の弱小アイスホッケーチームを全く素人の監督が優勝へ導いていくというお話。事実を元にしたそうですが、元にはしていても事実はこんなに都合良くは行かないでしょう(笑)
 チームの少年(少女一名)達のエピソードを伏線にして、綺麗に回収するのは見事でした。陣内監督の人望でしょうか、豪華出演陣がちらっと出てきては消えます。贅沢な作りですね。

 かみさんの希望で観たのですが「気持ちが良かった」と、かみさんは大満足で良かったです。

 ただ、冗談ではなく、観客は本当に僕とかみさんの二人っきり。貸し切りでした。いい映画なので、もう少し入って欲しいと思うのですが……。

頂き物

51C9i2nBoqL._SS500_[1]


『聖徳太子は名探偵!! タイムスリップ探偵団と超能力バトル?の巻』 (講談社青い鳥文庫 )価格:¥651(税込)を著者の楠木誠一郎様より御恵送いただきました。ありがとうございました。

 おなじみタイムスリップ探偵団・セカンドシーズンも三巻目。ファーストシーズンから数えて十一巻目。たいしたものです。今回はチーム厩戸王子という十人組が出てきます(爆)この中から聖徳太子が選ばれるというナイスな展開!帯には「えっ!!聖徳太子って一人じゃなかったの!?」とあります。

 ネタバレになるので書けませんが、聖徳太子は存在したのかという疑問にも答えるストーリーになっております。さすが楠木さん、面白いです。

頂き物

2007122F152F912Fb0054391_86992[1]


『月夜の始末・武者とゆく【四】』講談社文庫 価格:¥ 600 (税込)を著者の稲葉稔様より御恵送頂きました。ありがとうございました。

 武者とゆくも第四弾となりました。このシリーズで驚かされるのは巻末に次巻予告があることです。僕なんか行き当たりばったりなので、編集さんにプロットも出せません。話しが途中でどんどんあさっての方向にいくものですから(恥)

 稲葉さんは揺るぎない書き方をする人です。きちっと収まる小説は気持ちのいいものですね。安心してご一読下さい。

 

映画鑑賞

beowulf3-1024x768.jpg


「ベオウルフ」を観てきました。指輪物語などにも影響を与えた古典だというので一応勉強のために。テレビのCMを見た限りでは、それほど面白くもなさそうだったのですが、なんのなんの、すげえ面白い。しかも全編CG!アンジェリーナ・ジョリーまでCG。嘘んコの裸(爆)

 ゲームの鬼武者で亡き松田優作さんをCGで登場させていましたが、これなら何でも出来ますねえ。

 日本の戦国合戦をサラブレッドではなく、デブで短足の日本馬で描くことも可能じゃないですか。誰かやってくれないでしょうか?

「ベオウルフ」の方は物語を上手く脹らませていたと思います。罪は男にあるとか、魔女の魔女たる由縁とか。

 くどいようですが、テレビCM作りが拙いです。見せ場は一杯あるのにねえ。

 今後の鑑賞予定で前売り券を買っている物が「ナショナル・トレジャー」「魍魎の匣」「アース」「シルク」「ライラの冒険」えー、どれもおまけが欲しかったんですけどね(笑)前売り券無しのも色々観るつもりでいますけど。

にゃんこの日々

DSCN1015.jpg


写真は近頃ストレス太りになっているすーちゃんです。



 昨日来客がありました。お客様が玄関に入った途端、すーちゃんが立ちはだかって「はーっ」と威嚇。いや、初対面ではないんですけどねえ?しかもなかなか動こうとしない。かみさんが慌てて抱きかかえ、離れた場所に移すと、すーちゃんは別の部屋に消えていきました。

 こまちゃんは隣の部屋から何度か覗いていましたが、やがてお客様の足元へ。うん、こまちゃんはすーちゃんと違って人見知りしないようです。

 思ったのですが、すーちゃんはこまちゃんを守ろうと、お客様の前から動かなかったのかも知れません。何となくそんな気が。

人見知り

 かみさんは人見知りです。僕は人の顔ははっきりと見ますが、かみさんは見られません(笑)そこで、今日再び病院に言ったときのこと。

 いろいろ聞きたいことはあるのに、どう聞いていいか分からないというかみさん。先週は打ったのが顎としか言えず、手をついたせいで腕が少し痛いという感覚もあったのに、お医者様に言うのを忘れてしまった。

 事前にこういう事をこんな風に話してみればと言うのを笑わせながらレクチャーしておきました。その甲斐あってか、診察から出てきたかみさんはニコニコ。その言うことには「今日はやさしい先生で良かった。先週の先生は無口だったし」「あれ?先生が違ったの」「うん」

 同じ曜日の同じ時間なのでお医者様が替わるというのも変だと思ったのですが。「じゃあ今日の先生の名前を覚えておいて、その先生の時に来るようにすれば」と提案。

 受付で名前を聞いて、僕が横から「先週の先生とは違っていますか?」と訊ねたら、受付のお姉さんカルテをめくって「いえ、先週も◯◯(同じ人)ですが」だと(笑)

 うーむ、かみさん、顔ぐらい見てようや(爆)

こまちゃん通信

DSCN1089.jpg


 なんか良く分からないと思いますが(笑)丸くなって眠るこまちゃんです。

 動いている写真を撮りたいのですがなにしろ素早く、全然撮れません。色々と紆余曲折はありましたが、すーちゃんとの関係も鬼ごっこをするまでになりました。

 一言で言うとこまちゃんは「KY(空気読めない)な子」で、すーちゃんが眠っていてもじゃれついていくし、トイレにいても飛びかかるし、一時もじっとしていません。すーちゃんは気が向いたときは遊んであげるのですが、さすがにいつも付き合ってはいられません。結局こまちゃんが付いてこられない本箱の上に追いやられる事になります。

 すーちゃんがこまちゃんを舐めてあげたりするのですが、こまちゃんは蹴るわひっかくわ、あげくに顔に噛みついて引っ張るわ(爆)ここまでくると、さすがにすーちゃんも反撃をするのですが、こまちゃんとしてはそれも遊びとしか思っていない様子。 
 
 しみじみとすーちゃんは感心な子だと思います。

 すーちゃんにとって悪いことばかりかというとそうでもなく、こまちゃんがあまり旨そうに柔らかい猫ご飯を食べるのを見ていたせいか、これまで絶対に食べなかった柔らかご飯を食べるようになりました。しかも、一口食べた物は時間が経つと絶対食べなかったのに、こまちゃんが喰いあさったものでも食べるようになりました。よほど危機感が芽生えたのでしょうか(爆)

えーと

 ここの所連続して頂き物アップが続き日記がお留守になっております(笑)

 原則として、頂き物を紹介するときはそれだけにしています。自分の書いた本が著者にとってどれほど可愛いものか良く分かるので、おろそかには紹介出来ません。

 これまで画像の大きさをどうするか悩んでおりました。ブログにアップ出来るサイズは限られているし、大きくしすぎると記事が目立たなくなるし(笑)自分の著作と差別するのも侠気がなさすぎるでしょう(笑)

 ここのブログはサムネイルで画像表示が出来ます。出来るだけ大きい画像を用意してあるので、ぜひサムネイル画像をクリックして、大きい画像を見て下さいね。

頂き物

楠木


『消えた探偵犬の秘密 帝都〈少年少女〉探偵団ノート』 (カラフル文庫)価格:¥830 (税込)を著者の楠木誠一郎様より御恵送いただきました。ありがとうございました。m(__)m

 本作は帝都〈少年少女〉探偵団ノート7作目となります。気まぐれなお子さん相手に続くシリーズは、なかなか大変なものだと思います。

 今回は探偵犬クロのある種の謎が事件に関わってきます。ただ、イラストレーターさんにクロの設定が伝わっていなかったようで。表紙のクロちゃんが子犬すぎるようです。この辺は難しいですね。

 僕が何を言っているのか、気になったら読んで下さい(笑)

頂き物

稲葉


『迷い鳥 研ぎ師人情始末(六)』 (光文社文庫 ) 価格:¥580 (税込)を著者の稲葉稔様より御恵送いただきました。ありがとうございました。m(__)m

 研ぎ師人情始末も、はや六巻ですか。シリーズ物が続くというのは読者に受け入れられているという証左ですからね、目出度いことです。このまま読者の声に応え続けて欲しいと思います。今回も荒金菊之助(このネーミングには、稲葉さんの実生活のあるエピソードがあるのですが)の胸のすく活躍をお楽しみ下さい。

頂き物

51y0aODyhYL._AA240_[1]


『ひとにぎりの異形 異形コレクション39』井上雅彦(監修) 全81篇・光文社文庫 価格:¥940(税込)を著者の植草昌実様より御恵送いただきました。ありがとうございました。m(__)m

 植草さんは 「けものたち」という作品を書いておられます。僕は植草作品の雰囲気が大好きなのですが、今回はエミちゃんというソープのお姉さんを、真木よう子ちゃんで妄想したので最高でした(爆)

 ショートショート、原稿用紙10枚以内という厳しい条件の中。物語の奥行きを感じさせ、長い物語を読んだような満足感を感じる作品です。

 ぜひご一読を。

臨時に病院へ

 昨日かみさんが転びました。

 本人はスローモーションのように前のめりで落ちていったそうです。だったらどうにでも防御できたと思うのですが(笑)頭の方では、自分が転ぶというのが信じられなかったとか。

 結果、顎を強打。しゃくれているかみさんの顎がアントニオ猪木みたいになってしまいました。僕のお気に入りのしゃくれ顎は見るも無惨。

 月曜になるのを待って病院へ。レントゲンなども撮って骨折などは無し。全治二週間ということでホッとしました。

 腫れは大分引きましたが、色もサイズも「おはぎ」のような黒血が……。今年中に消えるかどうか?痛みは引いているようですが。

頂き物

『人斬り左近 似づら絵師事件帖』 (双葉社文庫) 価格:¥630 (税込)を著者の芦川 淳一様より送っていただきました。ありがとうございました。

 まだAMAZONに画像がアップされておりません。芦川さん画像無しでご免なさい。村上豊さんのかっこいい表紙絵なんですけどねえ。

 それにしても「似づら絵師事件帖」早くも3作目です。これは売れると予言した僕も鼻高々です。今回は「五十両の賞金を賭けて当代一の絵師と似顔絵勝負!」とあります。ご免なさいね現在僕はお尻に火が点いていて読めないんですm(__)mしかし、似顔絵勝負と来ましたか。さすがの発想ですね。

 ぜひお買い求めを……。

定期点検

 本日は血液検査日。前月にお医者様から言われて、猫を被った生活をしていたので結果はそれほど心配してはおりません(笑)ただ、冬の検査はいやなんですよ。とにかく血管が出にくい。
 
 心配したとおり、失敗すること三度。注射針を刺す度に針先で血管を探るんだもん、大人じゃなきゃあ号泣ですよ(T^T)

 担当の看護師さんが諦めて婦長さんを呼びに行きました。さすがベテラン、たいして探りもせずに一発採取。最初から来てくれれば良かったのにぃ……。


 ところで、アシシさんへ。

 今週は出番が少なかったので、先週の真木よう子ちゃんを張って置きます。前回はサムネイル表示に失敗しましたが、今度はどうでしょう?

vipper56058.jpg

こまちゃん便り

 救出された時、こまちゃんの四本の足と手の先は毛が無くて、剥き出しになっていました。まだそれほど寒い日が続いていた訳でもなかったのですが、凍傷にでもなっていたのでしょうか。特にひどかったのが足の指で、肉が落ち、爪が剥き出しになっている部分もありました。獣医の先生は、疥癬を疑われたようでしたが、それは無かったようです。

 その後、ちゃんと毛が生えてきて、御覧の通りになりました。でも、実は左足の指が一本と肉球が一つ欠損しています。

 ただ、本人に障害の意識はありません。あたりまえですが(笑)

 不幸は、意識しなければ存在しないと言うことですね。

8.jpg

推理作家協会60年

 推協発足以来60年という事で、記念品が送ってきました。Tシャツ・タオル・トートバッグです。

56.jpg


 トートバッグはなぜA4サイズでは無いのでしょうか?推理小説を入れることを考えればA4は不要ですね。単行本が入ればいいと。ポケットには文庫本が入ります。

57.jpg


 これをヤオフクに出したらいくらで売れるかな?なんて事をふと不謹慎に考えてしまいました(笑)




お城の秘密

 今日は例によって代々木睡眠クリニック診察の日でした。そこで車は、千代田城即ち皇居の周りを走ったのです。

 二重橋前の広場に、車止めの石が並べてあるのをご存じですか?直径1メートル厚さ60センチくらいの重そうなやつ。あれを緑色のフォークリフトが、軽々と持ち上げて並べ替えていました。考えてみればあそこからの出入りもあるはずなので、ずっと車止めを動かさずにいられるはずはないんですね。

 でも、そんな事は思ってもみなかったのでビックリしました。あんなに簡単に動かせるなら、あの石を使った囲碁をやってみたらいいのに。

 いろんな特殊車両があるんだなあ、警視庁。石を動かすために予算が計上されていたりして……。

アシシさんへ

 真木よう子ちゃんです。

 どうですか?なにがじゃ……(笑)


1195310513508.jpg



 クリックしてみてね。

師走突入

 妖怪退治を決心したこまちゃんは、ケサランパサランを発見したのでした。

発見


 えいっ!このっ!

戦い


 その時隊長は高みの見物をしていました。

すーちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。