遊びをせんとや生まれけむ 乱星舎HPhttp://www.ransei.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すーちゃん来訪

 仕事の追い込みで、息子夫婦に来て貰っていた。口述筆記をすると仕事は数倍の速さで進む。僕にとってキーボードを打つのは容易なこっちゃあないからなあ。
 そのとき、ちっちゃい子猫も一緒である。え?なに?
 数日前に、息子夫婦は家の近所を散歩しておったそうな。近くに野良の猫ちゃん達が集まる公園があって、数ヶ月前に生まれた子猫たちが遊んでいたりして、なかなか癒される空間なのであった。しかし、その時、必死の子猫の鳴き声が聞こえた。探してみると生まれて一ヶ月ほどの子猫が、金網と倉庫の間に挟まってもがいている。二人でなんとか助けようと試みたが不可能である。そこで息子は119番に電話をした。
 来てくれたそうですよ、消防レスキューが。「そこ、右に曲がります」なんてマイクで言いながら。偉いぞレスキュー!さすがにプロだから、金網を広げたりしながら子猫を傷つけないように慎重に。で、「これはお宅の猫ですか?」と聞かれた息子は、野良くんですとも言えず「はい、うちの猫です」と、答えたのだった。
 息子の家で飼うことになったすーちゃん、寝息がすーぴー音立てていたからスピカちゃんと名付けられたのだった。これからすーちゃんの話題が増えますのでよろしく。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。